噂のお店でナイトワーク体験

都会のキャバ嬢の凄さ

私が働いているのは神奈川のキャバクラなんですけど、横浜のキャバで働いていてナンバーを張っていた嬢が、引退気分でそれぞれの地元である神奈川の奥の田舎のキャバクラに入店してくることがあります。これまで田舎なりにも必死にナンバーをキープしていたキャストでは、そんな一流のキャバ嬢には太刀打ち出来ません。もちろん、一瞬で人気をかっさらうので、古株のキャストからはあまりいい印象は持たれませんが、冷静に見ているとやはり人気の理由がわかります。顔やスタイル、雰囲気などはもちろんですが、話題の振り方や客への振る舞いなど、田舎のキャバクラではなかなか学べないような高度な技を持っていました。すぐにナンバー入りを果たし、女同士のバトルになるのかなと思いきや、スタッフや他のキャストへの態度も完璧なんです。きっと横浜で揉まれてきたんでしょうね。これだけのスキルを持ったキャバ嬢がそろっているんだから、横浜のキャバが高収入だと言われるのも納得できました。ちなみに関内でキャバクラの求人探すならコチラのサイトがおすすめです。

公園でくつろぐキャバ嬢

やっぱり色管理?

私は横浜にあるキャバクラで働いていて、ナンバーワンのキャバ嬢です。毎日指名も多く、かなり高収入を稼がせてもらっています。実は、私がこんなに頑張れるのは、オーナーがいるからなんです。私がこのお店に入ったのは、オーナーに引き抜かれたことがきっかけでした。ここに来る前になかなか上手くいかず、話を聞いてもらっていたのがオーナーでした。「俺ならもっとお前を輝かせてやれる」「俺に全て預けてくれないか?」そう言われて、悩んでいた気持ちにも踏ん切りがついたんです。何より、オーナーは私を商品じゃなく一人の女性として見てくれて、支えてくれたことが嬉しかったので、オーナーのために働こうと思えたんだと思います。今思えば、この時すでに私はオーナーに恋心を持っちゃってたんでしょうね。移転してから、オーナーとは毎日顔を合わせるようになり、気持ちは大きくなる一方でした。告白したのは初めてナンバーワンになった時で、オーナーも私のことを思ってくれていたんです。一緒に頑張ろうと言われて今に至りますが、仕事を辞めさせるつもりも無いし結婚や同棲の話も無くて、最近はもしかしたら色管理されているのかもって不安になってきました。どうなんでしょうか…?